ARCHIVES / 2012 / AUTUMN

LIVING WITH PHOTOGRAPHY
~アート写真のabc~

開催期間:2012年9月6日~9月27日
世界的にアートフォトの注目が高まっています。アート作品としての写真とはどのようなものなのか、そしてなぜ今、写真が注目されているのか。
LIVING WITH PHOTOGRAPHYというテーマとし、ビジュアル時代の新しいライフスタイルを、多面的なメディアで提案することを目的としたプロジェクト「IMA」メディアプロジェクト」と協力し、フォトアートの今を探ります。

セミナー Seminar

写真を読む~鑑賞のポイント

アート作品として注目が高まる写真。
アーティストとアマチュアの違いはどこで見分けるのでしょうか。写真を通してアーティストのメッセージは読み取れるものでしょうか?
作品に触れて鑑賞するためのポイントを、実際の作品を例に引きながら解説します。
開催日
2012年9月11日
登壇者
都築 響一氏(編集者)
聞き手:河内 タカ 氏
(amana photo collection チーフ・ディレクター)
場所
スペースニオ
主催
日本経済新聞社 デジタル販売局 / IMA
「何を撮ったか」より「どう撮ったか」
写真鑑賞のポイント
日経電子版:現代アート入門

家をアートする~買って飾る楽しみ

写真を収集・購入する美術館や個人が増えています。作品の価値はどのように決まるのでしょうか。
アート写真のマーケット動向を紹介するとともに、個人でも楽しめる収集・展示のコツを、現代アート界を代表するギャラリストが世界の動向も含めてレクチャーします。
開催日
2012年9月19日
登壇者
小山 登美夫 氏(ギャラリスト)
聞き手:太田 睦子 氏(雑誌IMAエディトリアルディレクター)
場所
日経カンファレンスルーム
主催
日本経済新聞社 デジタル販売局 / IMA
壁のどこに飾るか、位置が重要
家で写真を楽しむコツ
日経電子版:現代アート入門

写真家の視点~川内倫子が切り取る世界

世界中から高い評価を受けている写真家・川内倫子。
同時開催のギャラリー展示「川内倫子‐Illuminance アマナフォトコレクションから」の作品解説を交えながら、写真家が生み出す世界観や視点を、映画監督であり自身も写真家として活動する安藤モモ子さんとの対談を通じてお話しします。
開催日
2012年9月24日
登壇者
川内 倫子 氏(写真家)
安藤 モモ子 氏(映画監督・作家)
場所
スペースニオ
主催
日本経済新聞社 デジタル販売局 / IMA
写真に写らないものを見たい
川内倫子が切り取る世界
日経電子版:現代アート入門

展示 Exhibitions

アマナコレクションより 川内 倫子 - Illuminance

期間
2012年9月6日~9月27日
場所
スペースニオ アートギャラリー
デジタルカメラとインターネットの普及で、写真はわたしたちの生活にとって、より身近なものとなりました。写真を撮るだけでなく、観たり、購入して自宅に飾ったり、アーティストの世界観を直接聞いたりするのも楽しみのひとつです。
本展では、川内倫子の近作「Illuminance」から9点と特別展示します。日常の何気ない瞬間から壮大な景色までを、生命を感じさせる光によって捉えた、川内倫子のひとつの集大成ともいえる世界です。