ARCHIVES / 2013 / SPRING

アートで遊ぼう!

開催期間:2013年3月4日~4月25日
今やアートは、絵画や彫刻だけにとどまりません。現代アートの領域はファッションやジュエリーなど、拡大していっています。芸術だからと構えず、アートを身近に感じてもらう切り口で、トークショーや展示を開催します。合わせて、日本最大のアート見本市、アートフェア東京のガイドツアーも実施し、購入できるアートを実感してもらう機会をつくります。

セミナー Seminar

身につけて遊ぼう!

何を買って、どう身につけるか。それが、その人の生き方や考え方を表わすことも。
ジュエリーにも、モノ以上の何かを伝える力があります。
アーティストの思考や素材がもつ文化的な意味や機能、さらに素材が加工されるまでの秘話などが、モノに価値を与えます。
そうしたジュエリーを身につけることによって、どのような身体的あるいは心理的な化学反応が起こるのでしょうか。
開催日
2013年3月4日
登壇者
大地千登勢 氏(O-Jewel代表)
ヴィヴィアン佐藤 氏(美術家)
モデレーター:ロジャー・マクドナルド氏
(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト])
場所
日経・大手町セミナールーム2
主催
日本経済新聞社 デジタル販売局
協力
アートフェア東京実行委員会
NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
私は歩く展覧会
アートを着て、街に出よう!
日経電子版:現代アート入門

買って遊ぼう!

アートコレクターの目的は、作品を手に入れることはもちろん、アーティストに会って話をすることや集めた作品をお披露目することなど、アートから広がるコミュニケーションと世界観づくりにもあります。 コレクション秘話、アーティストとの交流、またコレクションのコンセプトや目的などを聞きながら、アートを買うこと集めることに潜む遊びを語り合います。
開催日
2013年4月13日
登壇者
宮津大輔 氏(アート・コレクター)
金島隆弘 氏(アートフェア東京 エグゼクティブ・ディレクター)
モデレーター:堀内奈穂子 氏
(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト])
場所
スペースニオ
主催
日本経済新聞社 デジタル販売局
協力
アートフェア東京実行委員会
NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
普通の会社員でもコレクターに
アート買う楽しみ
日経電子版:現代アート入門

会社も遊ぼう

企業が製品やサービスを生み出す際、創造の源泉はどこにあるのでしょうか。 生活者がそれらを選ぶとき、技術力の高さや機能と価格のバランスだけでなく、製品・サービス自体の際立った魅力が重要な要素になってきています。 そこで、遊び心から創造へとつながっていくアートが注目されています。企業に起こっている変化をアートを通して眺めてみませんか?
開催日
2013年4月25日
登壇者
山縣良和氏(リトゥンアフターワーズ代表)
ジョージ ハンセン氏(ゼネラルモーターズ ・ ジャパン コミュニケーションズ/R&Dサイエンスオフィス ディレクター)
モデレーター:小澤慶介氏(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト])
場所
スペースニオ
主催
日本経済新聞社 デジタル販売局
協賛
ゼネラルモーターズ・ジャパン
協力
アートフェア東京実行委員会
NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
自動車×ファッション
創造力はぐくむ遊び心とは
日経電子版:現代アート入門

展示 Exhibitions

アートで遊ぼう!

期間
2013年3月11日~4月25日
場所
スペースニオ アートギャラリー/ メディアウォール
GPSを使い、走った軌跡を「絵」にするなどで注目を集めているジュン・グエン=ハツシバ氏。東日本大震災の直後には自らGPSをつけて走り、被災地のために桜の木を描きました。野外で巨大な構造物をたくさのヒトと引き倒すプロジェクトを展開する加藤翼氏は、人が協力し経験を共有してひとつのものをつくりあげることをテーマに、数多くの作品を発表しています。ユニークな作品に囲まれ、アートと遊ぶひとときを体感してみてください。
作家
ジュン・グエン=ハツシバ「Breathing is Free 12,756.3:JAPAN, Hopes & Recovery, 1,789km」(ミズマアートギャラリー)
西野達「Life's Little Worries in Yokohama」(ARATANIURANO)
加藤翼「F.F.H. (FUKUOKA, FUTURE, HUMANITY)」(無人島プロダクション)
田口行弘「Lauf」「Spirale」