NIKKEI アート・プロジェクト

アート&テクノロジー
『芸術と技術の再会――メディアアート温故知新』

60年代のテクノロジー・アート、80年代のデジタル・アート、
90年代以降のメディア・アートがどのようにそれぞれの時代とともに興ってきたのか。
それらの動向が持っていた同時代的な意味を探りながら、
芸術と技術の出会いをこれまでの美術における出来事を参照しながら解説する。



■講師
畠中実
(NTTインターコミュニケーション・センター主任学芸員)
■ゲスト
八谷和彦 氏
(メディア・アーティスト)
宇治野宗輝
(アーティスト)


■日時
2013年10月30日(水) 19:00~20:30 (18:30開場)


■会場
SPACE NIO (日経本社ビル2階)


■定員
80名(応募多数の場合は抽選)


■参加費
無料


■応募資格
日経電子版会員(有料・無料) ※未登録の方はこちらから登録してください


■申し込み締切
2013年10月22日(火)


■当選発表
10月24日(木)頃に「当選者にのみ」メールで受講券をお送りします。


■主催
日本経済新聞社 デジタル販売局


■必ずお読みください
※ご応募には日経電子版の登録(有料・無料) が必要です。(未登録の方はこちらから)
※当選連絡は、日経ID(メールアドレス)宛にお送りいたします。
※抽選結果のお問い合わせはご遠慮ください。
※セミナー当日は本人確認をさせていただく場合があります。運転免許証などをご持参ください。
※出演者・内容は、予告なく変更する場合があります。


■お問い合わせ
日本経済新聞 電子版サービスセンター お問い合わせはこちら


お申し込み受付を終了しました

<<セミナー一覧へ戻る