「日経」で英語学習

AppStoreからダウンロード
1カ月フリートライアル実施中!
(初回利用限定)

【不具合のおわびと購読中でも記事が聴けないときの解決方法】
最新バージョン3.0.5のアプリにて、一部の利用者の方が購読中でも記事が聴けない、過去にメモした内容やブックマークした内容にアクセスできないなどの障害が発生しております。
対応方法について詳しくはをご覧ください

毎日10分!通勤電車で
リスニング力とリーディング力をアップ

スキマ時間で英語力のリスニング力とリーディング力を磨きませんか?

LissN(リッスン)は、日経グループの記事を毎朝5本(土日・祝日は3本)、英語と日本語で配信。米・英・豪など様々な国のネイティブスピーカーが記事を読み上げます。

記事を読み上げるのは、
多様な国籍の
ネイティブナレーター

ネイティブの正しい発音を聴くことは、英語上達の王道です。
TOEIC®のリスニングテストは、
アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダの4カ国のアクセントが使われています。

LissNで様々な国の発音に慣れることで、リスニング力が強化できます。

Emma Howard (エマ・ハワード) UK Jaime Jose (ジェイミー・ホゼ) USA Josh Keller (ジョシュ・ケラー) USA Shelley Hastings (シェリー・ヘイスティングス) New Zealand Trish Bergemann (トリシュ・バーグマン) USA Sean McGee (ショーン・マギー) USA

1 クイズ・カレンダー

<クイズ>

記事の速読だけでなく、精読も重要です。読み終わった後は、
著名英会話講師のデビッド・セイン氏監修のクイズで
理解度をチェックしましょう。

クイズ

<カレンダー>

一目で学習の進捗確認ができるようになりました。
日付を選択することで過去配信の記事にも簡単にアクセスできます。

カレンダー

David Thayne
(デイビッド・セイン)
USA

カリフォルニア州アズサ・パシフイック大学大学院卒(社会学修士号取得)
翻訳家・通訳・英会話教師を経て、1999年より英語出版物の翻訳・企画などを行う「エートゥゼット」を主宰。
これまで累計400万部以上の英語本を刊行、ベストセラーを多数生み出した著名英会話講師。

David Thayne

2 メモ帳

メモ機能も搭載。気になる単語や表現を長押しタップするだけでメモとして残せます。
自分だけの単語帳を作って英語力を磨きましょう!

メモ帳

3 スピード調整

LissNは英語学習者のために進化しつづけています。
ユーザーの皆様の要望にお応えして、音声の再生スピードを0.7倍〜1.5倍で調整できるようになりました。

スピード調整

料金表

新しく
アンリミテッドプラン
が登場

毎日の配信や理解度チェック機能の追加など、
より英語学習に効果的に使っていただけるようになりました。

※現在の1カ月プランは2017年2月末以降順次ベーシックプラン(1カ月)へと価格変更されます。
価格変更にはお客様の同意が必要となります。

Basic Plan Unlimited Plan
記事視聴可能本数
130本前後 3,300本以上
(2017年3月現在)
アクセス可能期間
最大28日間 無制限
定期購読の期間と価格
¥360/月 ¥980/月
¥6,000/年

1カ月あたり500円。

¥9,600/年

1カ月あたり800円。
月額プランに比べて
2,160円もお得!

TOEIC®満点
英語のエキスパートから
推薦の声が続々!

スキマ時間に英語を聴く習慣づくりにもってこいのアプリになっています。いきなり何も見ずに英語を聞くと難しいですから、日本語で内容を取り入れてから聞いたり、英文を見ながら聞いたりすると効果的でしょう

─ 渡邉淳さん(英語学習コンシェルジュ)

毎日更新される質の良いニュース記事をスマホで「読んで聴く」習慣をつけて下さい。手軽なのに効率的な学習効果を期待できるはずです

─ ホーマン由佳さん(立正大学経済学部准教授)

スキマ時間を使って必要な情報を得る&英語を聞く&読む、この3つができるツールは英語力アップの最強のツールだと思います。忙しい現代人が英語の力をつけるために必要なすべてがこのアプリには詰まっていると思います

─ セレンさん(英語キュレーター)

英会話は楽しいけれど、"Pardon?" と聞き返せなくて、笑ってごまかしてしまったこと、ありませんか?英会話の下地を作るために、ボキャビルに、そしてTOEIC対策にと、幅広く使えるLissNをお勧めします

─ 和泉有香さん(神戸海星女子学院大学講師)

スマートフォンで英語リスニングができるアプリは山のようにありますが、日経新聞の記事のクオリティがそのまま英語学習の教材として使えるのは他のサービスにはないポイントであり、私もいつも愛用しています。また、英語学習だけでなくビジネス・ファイナンス・政治などの知識も得られるため仕事などの教養になるのはもちろん、TOEIC対策としてもおすすめ。多くの英語学習アプリを紹介してきたEnglish Hackerでもイチオシの英語学習アプリです

─ 佐々木 真さん(English Hacker 編集長)