6700社の人事情報

上場企業を中心に約6700社※の人事異動情報を配信。
部署名や役職名などの新旧情報を、読みやすい表形式で閲覧できます。

トップ・役員はもちろん、部課長級の人事まで幅広くカバー、さらに子会社間の異動なども確認できます。

※「2016年8月現在」

>>対象企業一覧はこちら

新着ニュースをメールで通知

「取引先の担当者が昇格したのに祝い状を出し忘れた・・・」

日経人事ウオッチがあれば、こんな失敗をすることはもうありません。

気になる企業名や個人名を登録しておけば、異動や昇進などの人事情報を自動で収集して、原則、発表当日にメールでお知らせします。

メール通知を受信する

全ての端末で閲覧可能

「まずい!外出先だから見られない」

そんな不便なことはありません。
日経人事ウオッチは、パソコンはもちろん、外出が多いビジネスパーソンにも使いやすいよう、スマートフォンやタブレットにも対応しています。

パソコンと同じように、人事情報を閲覧、検索、登録することができます。
シチュエーションに応じて使い分けることが可能です。

人事データ30万件

「あの人の前の部署はどこだっけ?」

日経人事ウオッチでは日経テレコンが提供している有料人事データベース「日経WHO’S WHO」が月に50件まで追加料金なしで検索・閲覧できます。主要企業や官公庁、自治体など約30万件の情報を収録しているので、気になる人の経歴の確認も簡単です。

官公庁・自治体人事も

財務省などの国の省庁や日銀の人事情報も、一般の企業と同じように表形式で表示するので、新しい役職はもちろん、旧役職も確認できます。

電子版や新聞では前・旧職は掲載されませんが、人事ウオッチでは省略せずに表示します。

関連記事やおくやみ

登録した企業や人物については、日経新聞の記者が取材した社長人事に関する記事や社会面に掲載する訃報も速報します。

企業発表よりも早く社長人事などの特報を入手することもできます。

日経人事ウオッチは、お申し込み月無料!

日経新聞を販売店集金(口座振替・訪問集金)でご購読の方 日経新聞を販売店集金(口座振替・訪問集金)でご購読の方

日経電子版/日本経済新聞と日経人事ウオッチを同時に申し込む方はこちら

※価格は全て税込み

日経人事ウオッチPro