初割 日経電子版が2月末まで無料! お申し込みは1月25日(水)まで

  • 初割
  • いま申し込むと日経電子版が2月末まで無料になる「初割」を実施中。
    オプションの日経産業新聞ビューアー、日経MJビューアー、日経ビジネスDigitalセットも
    2月末まで無料です。海外在住の方のみが対象です。
    2017年はビジネスツールとしてますます進化した日経電子版と共にスタートダッシュ!!
  • 初割

キャンペーンは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

日経電子版

日経電子版

月額 4,200円 今なら2月末まで無料

お申し込み

初割

※本キャンペーンの無料期間中に解約した場合は、解約当月分の電子版部分の料金が発生します。

  • 電子版オプションのご紹介

電子版有料会員のお申し込みとあわせてお手続きいただけます。

有料会員向けのおすすめ機能・サービス

  • 1_ 日経新聞の朝夕刊、電子版すべての記事が読める。

    朝夕刊に掲載される記事のほか、電子版オリジナル記事もすべて無制限で読めます。新聞だけでは手に入らない速報やニュースの解説、専門情報を幅広くカバー。仕事から暮らし、投資まで日経独自の情報をお届けします。
  • 1_ 日経新聞の朝夕刊、電子版すべての記事が読める。
  • 2_ 読み方・使い方は、お好みにあわせて。

    PC、スマートフォン、タブレットのブラウザー向けサービスのほか、iOS、Android向けのアプリをご用意しています。どの端末から読むかだけでなく、紙面イメージそのまま、WEBの横書きスタイルを自由に選べます。
  • 2_ 読み方・使い方は、お好みにあわせて。
  • 3_ あなたが必要な記事だけ、毎日まとめてお届け。

    キュレーション機能「Myニュース」がパワーアップ。好きなコラムのフォローや、気になるトピックをキーワード登録しておけば、必要なニュースだけまとめて確認できます。また、12月のアップデートで、全上場企業を含む約4,200社・67業種の記事やデータが対象に加わりました。
  • 3_ あなたが必要な記事だけ、毎日まとめてお届け。
  • 4_ ビジネスに役立つ海外に関する情報が充実

    経済はもちろん、政治・文化にも注目が集まるアジア地域の情報を拡充し、配信しています。アジアセクションでは記事ごとに関連する国や地域のラベルも表示しており、欲しい情報が簡単に手に入ります。
  • 4_ ビジネスに役立つ海外に関する情報が充実

初割で日経電子版に申し込む

  • Q&A

海外で購読したいのですがどうすればいいでしょうか?

日経電子版は海外でもPC、スマートフォン、タブレットでお読みいただけます。

契約内容の変更や解約は自由にできますか?

日経電子版のご契約は月単位となります。当月末日の24時(日本時間)までに解約お手続きが完了されない場合は、自動で翌月も継続されます。ご購読サポートトップ画面から変更・解約が可能です。

支払い方法は何があるのでしょうか?

クレジットカード払いのみ承っています。

日経電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いは何ですか?

閲覧できる記事の種類や、使える機能が異なります。

  日経電子版/日経Wプラン
有料会員
日経電子版
登録会員(無料)
日経電子版
未登録
無料記事
有料記事 月10本まで閲覧できます
ニュースメール 無料会員向けの
お知らせメールが届きます
朝刊・夕刊
電子版アプリ 有料記事を月10本+
無料記事を閲覧できます
無料記事のみ閲覧できます
紙面ビューアーアプリ
記事の保存
記事の自動収集

ご注意事項

  1. 本キャンペーンへのお申し込み
    • 初割キャンペーン(以下「本キャンペーン」)は、2016年12月26日から2017年1月25日(日本時間、以下同じ)までに新規に日経電子版(海外向け)、日経電子版有料会員向けオプション(日経産業新聞ビューアー、日経MJビューアー、日経ビジネスDigitalセット)をお申し込みされた方に適用されます。割引期間は2017年2月末日までです。
    • 次の場合は本キャンペーンにお申し込みいただいても対象になりません。
      • 現在、日経電子版、日経電子版(海外向け)または日経Wプラン購読中の方が解約して申し込まれた場合
      • 現在、日経電子版を購読中の方が日経電子版(海外向け)に変更された場合
    • 割引対象は、日経電子版(海外向け)の料金(4,200円)および日経産業新聞ビューアー(1,500円)、日経MJビューアー(1,000円)、日経ビジネスDigitalセット(1,750円)部分の料金です。
    • 本キャンペーンによる割引期間終了日(2017年2月末日)までに解約手続がとられなかった場合は、2017年3月以降もご購読契約が自動的に継続します。2017年3月からは通常の料金が適用されます。
    • すでに日経電子版に関する他の割引キャンペーンにお申し込みの方には本キャンペーンは適用されません。
    • 本キャンペーンにお申し込みいただいた方に対してアンケート等の目的でメールをお送りする場合があります。ご了承ください。
  2. 割引料金
    • キャンペーン期間にお申し込みされた方の料金は以下のとおりです。
      • 2016年12月申込み方
      • 2017年1月
      • 2017年2月
      • 2017年1月申込みの方
      • 2016年12月
      • 2017年1月~2月
    • 2017年3月以降
      (通常どおり)
    2016年12月申込み方 2017年1月 2017年2月 2017年3月以降
    (通常どおり)
    2017年1月申込みの方 2016年12月 2017年1月~2月
    日経電子版
    (海外向け)
    お申し込み当月は無料です。 通常4,200円のところ、本キャンペーンの適用により無料になります。 通常どおり4,200円を課金します。
    オプション※ お申し込み当月は無料です。 本キャンペーンの適用により無料になります。 通常料金を課金します。
    • ※オプションは電子版有料会員向けサービスです。オプションのみの購読はできません。
  3. 本キャンペーン割引期間中の解約
    • 本キャンペーンの割引期間中(2017年2月末日まで)に日経電子版(海外向け)または日経電子版有料会員向けオプションを解約した場合、以下の金額をお支払いいただきます。
      お支払いいただく金額
    日経電子版(海外向け)を解約 4,200円
    オプションを解約 オプション部分の月額通常料金
  4. 支払い方法
    • お支払いはクレジットカード払いのみになります。
  5. 個人情報の取り扱いについて
  6. 日経電子版の利用環境について
  7. 日経ビジネスDigitalについて
    • 日経ビジネスDigitalは、日経BP社の雑誌「日経ビジネス」の最新号およびバックナンバーの記事をデジタル形式で閲覧できることを主内容とするサービスです。その他の雑誌にない独自コンテンツや各種機能は、お客様のニーズなどにより、変更することがあります。
    • バックナンバー閲覧は、ウェブサイトおよびiPhone、Android OS搭載のスマートフォンで直近号から過去3カ月分の号まで、iPad、Android OS搭載端末向けの誌面ビューアーアプリでは、有料購読を開始した直近号からご覧いただけます。
    • 記事の使用権その他の事情により、内容が雑誌と同一でない場合もございます。
    • 海外では地域によって、通信環境その他の事情により画面がうまく表示できない、アプリがダウンロードできない場合があります。特に誌面ビューアーアプリは、中国本土では公的機関の規制で各号のダウンロードができませんので、ウェブサイト経由でご覧いただきますようお願いいたします。
    • 日経ビジネスDigitalのご利用環境はこちらでご確認ください。