日経は、「新聞は読むのに時間がかかる…」 という読者の意見に正面から向き合いました!

日経は、「新聞は読むのに時間がかかる…」 という読者の意見に正面から向き合いました!
日本経済新聞電子版
日本経済新聞電子版
日経電子版なら、たったの10分! 必要な情報は確実に全て読み込める

日経電子版なら、たったの10分! 必要な情報は確実に全て読み込める

日本経済新聞電子版
1日トータル900本の記事が読める! (朝刊・夕刊記事300本+電子版オリジナル記事600本)
今すぐ日経電子版を購読する
日経電子版が多くの方に利用される理由!
300万人が使うビジネスメディア
日経電子版が多くの方に利用される理由!
理由1
1日たったの10分!?

1日たったの10分!?

“記事の自動収集機能”=「Myニュース機能」で 見たい情報だけを効率的に閲覧できる!

「Myニュース機能」は、あなたが設定したキーワードに関連した記事を自動で収集してくれる機能です。興味のある連載やコラム、気になるトピック等のニュースをあなた個人の設定に合わせて、日経電子版が自動でお届け。必要なニュースだけが確実に届くので、短時間で最適な情報の取得が可能です。

必要な ニュースを 確実にチェック
好みの連載や コラムが フォローできる
簡単保存で あとで読める
新着記事を メールでお知らせ
理由2
記事の自動収集機能!?

電子版なら、スマホやタブレットで いつでもどこでも読める!

いつでもどこでも読める!

日経電子版は、パソコンだけでなくスマートフォンや、タブレット端末でも利用すること可能です。自宅、オフィスだけでなく、通勤中やランチタイムでも、あなたの要望に合わせて、様々なシーンで便利に使い分ける事が可能です。

利用シーンはあなた次第! スマホ・タブレットでいつでもどこでも好きなときに―。

利用シーンはあなた次第! スマホ・タブレットでいつでもどこでも好きなときに―。

理由3
記事は紙の新聞の3倍!

記事は紙の新聞の3倍!

オリジナルコンテンツが豊富! もちろん朝刊・夕刊の記事も読める!

「宅配紙と比較して、日経電子版は情報量が少ないんじゃない?」といったご意見をいただくことがあります。日経電子版は日経新聞の朝刊・夕刊の記事はもちろんのこと、電子版オリジナルの記事も幅広く提供、毎日約900本の記事を配信しています。仕事から暮らし、投資まで日経独自の情報をあなたにお届けいたします。

電子版内の記事 約900本/日 新聞 約300本/日 電子版独自 約600本/日
すでに日経新聞を読んでいる方も そうでない方も
今すぐ日経電子版を購読する
日経が提供するサービスだから、 品質が良いのは理解出来るけど…。
日本経済新聞 電子版なら!
申し込むのが面倒そうだな…。
WEBから簡単に申し込みで便利!

日経電子版はWEBから簡単にお申し込みできます。

お支払いはクレジットカード決済です。

既にお持ちのカードで面倒な手続き一切不要で、すぐに電子版を利用することが可能です。

※一部対象外のカードがあります。

ニュースサイトって 記事量が少なく物足りなさそう・・・。
紙の新聞の記事はもちろん、 電子版オリジナルの記事も豊富に提供!

日経電子版は日経新聞の朝刊・夕刊の記事300本はもちろんのこと、電子版オリジナルの記事600本も幅広く提供、毎日計900本の記事を配信しています。

「映像」や「写真」といったデジタルならではの表現手法を使ったコンテンツも拡充し、充実のラインアップをお楽しみいただけます。

紙面ビューアー機能で 新聞のように読む ことも可能!
ニュースが有料なんて バカらしい気がする…。
ユーザー満足度96%! 仕事から投資、くらしまであなたに合った高品質の記事が読める!
無料ニュース との違い
高ユーザー満足獲得! 質の高い日経のニュースとは?

高ユーザー満足獲得! 質の高い日経のニュースとは?

取材力が違う!
ビジネス情報に特化!
豊富な独自コンテンツ!

日経電子版では、日経新聞の朝刊・夕刊から300本、電子版オリジナル記事600本をあわせて、毎日約900本の記事を配信。国内61拠点・海外36拠点、約1,300人の記者が、あらゆるビジネスシーンで役立つ仕事の情報から投資、くらしまで幅広い情報をいちはやくお届けします。

あなたに必要な情報を、あなたのお好みの読み方で。
1日たったの10分から読める!
  • slide01
  • slide02
  • slide03
  • slide04
  • slide05
  • slide01
  • slide02
  • slide03
  • slide04
  • slide05
ビジネス・生活に欠かせない情報やノウハウの獲得を今日からアナタも行ってみませんか?
今すぐ日経電子版を購読する
"日経電子版 先輩読者"は、
300万人が使う ビジネスメディア
日経電子版なら、たったの10分! 必要は情報は確実に全て読み込める

日経電子版なら、たったの10分! 必要は情報は確実に全て読み込める

300万人が使う ビジネスメディア
日経電子版

申込月の料金(4,200円)無料

お申し込みはこちら
海外にお住まいの方はこちら
電子版+宅配

申込月の電子版部分(1,000円)無料

お申し込みはこちら
お申し込みはこちら
※一部地域では月額4,670円となります。
(日経Wプランは、新聞購読料+1,000円です)
よくあるご質問
電子版無料期間はいつまでですか?
日経電子版の基本料金部分(4,200円、日経Wプランの場合は1,000円)は、お申し込みいただいた月の末日まで無料となります。日本経済新聞(宅配)の新聞購読料は無料になりません。
※日経電子版の無料期間中に、日経電子版または日経Wプランを解約した場合、当月分の基本料金(4,200円、日経Wプランの場合は1,000円)がかかります。
電子版+宅配(日経Wプラン)の宅配も無料の対象ですか?
無料の対象ではありません。
申込月の電子版基本料金のみが無料になり、宅配は配達開始日からその末日まで日割り計算になります。
購読する場合、支払い方法は何がありますか?
日経電子版、電子版+宅配(日経Wプラン)はクレジットカード払いのみ承っています。
現在新聞を購読中で電子版を追加して日経Wプランにしたいのですが、 販売店に連絡は必要ですか?
お客様から販売店にご連絡いただく必要はございません。
無料期間中に電子版を解約しても電子版の料金はかかりますか?
無料期間中に解約した場合は、1カ月分の電子版基本料金がかかります。
電子版+宅配(日経Wプラン)にある「+電子書籍年2冊」とはなんですか?
日経Wプランの方には、年2冊の電子書籍のダウンロード権利が付与されます。 7月1日時点でWプラン会員の方は12月末まで、また1月1日時点でWプラン会員の方は6月末まで、各1冊をダウンロードできます。 初割で日経Wプランにお申し込みの方は、7月以降に電子書籍を1冊ダウンロードできます。

注意事項

  • 日経Wプラン(宅配+電子版)について

    • ・日本経済新聞(宅配)の購読料は、お客様のお住まいの地域により異なります(地域の確認はこちら)。

       ニュースを1日2回に分けてお届けする朝・夕刊セット版と、1日のニュースを朝刊のみでお届けする全日版に分かれており、 購読料が異なります。

       朝・夕刊セット版地域にお住まいの方が全日版を購読したり、全日版地域にお住まいの方が、朝・夕刊セット版を購読することはできません。

       朝・夕刊セット版地域は、4,509円、全日版地域は3,670円です。(それぞれ月額・税込み)

       なお、一部地域では「日経Wプラン」のお取り扱いができない場合があります。その場合、お客様にメール等にてご連絡致します。

       新聞購読料は割引の対象外です。

       日経Wプランをお申し込みの場合、電子版部分の1,000円が割引の対象となります。

    • ・Wプランでは1月、7月に1冊ずつ、日本経済新聞社の販売する電子書籍を提供します。

       1月1日時点でWプラン会員の方は6月末まで、7月1日時点でWプラン会員の方は12月末まで、各1冊をダウンロードできます。

       新規にお申し込みの場合はそれぞれ12月末、6月末までに手続きを完了する必要があります。

    • ・日本経済新聞の宅配と電子版をセットでご希望の場合は必ず「日経Wプラン」をお選びください。

       「電子版月ぎめプラン」を申し込み、新聞も宅配購読されますと、電子版料金(月額4,200円)のほかに新聞購読料も別途発生します。

    • 日経電子版に関するお問い合わせはこちら
    • 電子版の購読申し込み(有料登録)にはクレジットカード情報の登録が必要です。
    • 毎月1日午前0時から午前6時は、システムメンテナンスのため手続きができません。(日本時間)