日経をパソコン・スマホ・タブレットで

日経電子版は申し込み月無料!今すぐ申し込む日経電子版は申し込み月無料!今すぐ申し込む

  • 1つのIDを使って様々な端末で マルチデバイス対応1つのIDを使って様々な端末で マルチデバイス対応
  • 速報&解説、オンもオフも 豊富なコンテンツ速報&解説、オンもオフも 豊富なコンテンツ
  • 効率的な情報収集をサポート 便利な機能が充実効率的な情報収集をサポート 便利な機能が充実

1.1つのIDを使って様々な端末で マルチデバイス対応

いつでもどこでも日経を、あなたのお好みのスタイルで。
電子版は、ひとつのIDを使って、パソコンはもちろんスマホ、タブレットで利用できます。横書きのテキスト表示に加え、新聞の紙面イメージそのままでも読むことができます。

いつでもどこでも観覧可能な電子版 パソコン向け スマホ・タブレット向けいつでもどこでも観覧可能な電子版 パソコン向け スマホ・タブレット向け

2.速報&解説、オンもオフも 豊富なコンテンツ

日経新聞の朝刊・夕刊の掲載記事に加え、電子版オリジナル記事を幅広く提供、毎日約900本の情報を配信しています。
新聞だけでは手に入らない速報やニュースの解説、専門情報も幅広くご用意。仕事から暮らし、投資まで日経独自の情報をお届けします。

新聞記事・ニュース

  • Web刊
  • 速報
  • 朝刊・夕刊
  • プラスワン
  • 全国各地の地域経済

電子版6つの専門セクション

  • ビジネスリーダー
  • マーケット
  • マネー
  • テクノロジー
  • ライフ
  • スポーツ

新聞 約300本 ⁄日 + 電子版独自 約600本 ⁄日 = 合計約900本⁄日新聞 約300本 ⁄日 + 電子版独自 約600本 ⁄日 = 合計約900本⁄日

3.効率的な情報収集をサポート 便利な機能が充実

必要なニュースを効率的に。
電子版には情報収集をサポートする便利な機能が充実。
ユーザーの関心にあった記事をおすすめする機能、最近読んだ記事を一覧表示する機能のほか、下記のサービスを提供しており、さらに進化中です。

検索サービス

朝刊・夕刊の直近1週間分と、電子版のWeb刊や「ビジネスリーダー」「マーケット」「マネー」「テクノロジー」「ライフ」「スポーツ」に2010年春以降に掲載された記事が検索できます。また有料会員限定で過去5年分の朝刊・夕刊の記事を月25件まで検索できます。

メールサービス

主要ニュース、速報など、豊富なメニューの中から目的に合わせて選べます。

キーワードによる記事収集、記事の保存

登録したキーワードに関連する記事を自動で収集。メールでもお知らせします。あとで読み返したい記事は保存し、ラベルをつけて整理することもできます。

便利ツール

マーケット、マネーのセクションでは、資産運用に役立つ各種分析ツールをご提供しています。

日経電子版は申し込み月無料!今すぐ申し込む日経電子版は申し込み月無料!今すぐ申し込む

読者の声

  • Wプランご契約 20代 女性Wプランご契約 20代 女性読みなれた新聞に加え、電子版を新たに申し込みました。外出時にはスマートフォンで電子版を読め、気になる記事を自分のスタイルで分類できるので、とても便利です。
  • 月ぎめプランご契約 30代 男性月ぎめプランご契約 30代 男性iPadの購入をきっかけに利用を始めたが、紙面イメージで読めるのが想像以上に良かった。また、連載記事でふと昨日の分を読みたい時にすぐ読めるのが良いですね。
  • Wプランご契約 40代 男性Wプランご契約 40代 男性大変便利に使わせていただいています。特に過去の記事が検索でき、新しい記事もすばやく読めて、その場で保存できるのはありがたいです。

日経電子版は申し込み月無料!今すぐ申し込む日経電子版は申し込み月無料!今すぐ申し込む

毎月の新聞購読料※1にプラス1,000円
新聞と電子版のすべてのサービスに加え、年2冊の電子書籍※2がついたお得なプラン

電子版+新聞(日経Wプラン)

お住まいの地域により異なります。
地域の確認はこちら

朝・夕刊セット版地域の方 5,383円 (新聞購読料 4,383円+1,000円)

全日版地域の方 4,568円 (新聞購読料 3,568円+1,000円)

※料金は全て月額、税込みです。

電子版のすべてのサービスが
ご利用いただけます。

電子版のみ(月ぎめプラン)※3

4,000円

※料金は全て月額、税込みです。

  • ※1日本経済新聞(宅配)の購読料は、お客様のお住まいの地域により異なります(地域の確認はこちら)。ニュースを1日2回に分けてお届けする朝・夕刊セット版と、1日のニュースを朝刊のみでお届けする全日版に分かれており、購読料が異なります。朝・夕刊セット版地域にお住まいの方が全日版を購読したり、全日版地域にお住まいの方が、朝・夕刊セット版を購読することはできません。
    なお、一部地域では「日経Wプラン」のお取り扱いができない場合があります。その場合、お客様にメール等にてご連絡致します。
  • ※2Wプランでは1月、7月に1冊ずつ、日本経済新聞社の販売する電子書籍を提供します。1月1日時点でWプラン会員の方は6月末まで、7月1日時点でWプラン会員の方は12月末まで、各1冊をダウンロードできます。
    新規にお申し込みの場合はそれぞれ12月末、6月末までに手続きを完了する必要があります。
  • ※3日本経済新聞の宅配と電子版をセットでご希望の場合は必ず「日経Wプラン」をお選びください。「電子版月ぎめプラン」を申し込み、新聞も宅配購読されますと、電子版月ぎめプランの料金のほかに新聞購読料も別途発生します。