取引先の人事異動をメールでお知らせ 日経人事ウオッチかんたん設定ガイド

人事ウオッチの特長
1異動情報に加え、人事ニュースやおくやみも配信
2氏名・新旧役職が表形式で見やすい
3アラートメールで最新情報をどこよりも早く配信
4経営者、役員、上級管理職の経歴も収録
よくある質問・お問い合わせ
1人事ウオッチと日経電子版人事情報の違いはなんですか
2検索したい企業の部課長人事が出てきません
3検索する際に正しい企業名や氏名がわからない
よくある質問一覧へ
  • Point 1 企業登録 企業を登録すれば、最新の人事異動情報をメールでお知らせします
  • Point 2 アラートメール設定 メールの配信時間や送信先を登録企業ごとに変更することができます
  • Point 3 経歴データベース検索 現職や社内外歴、入社入省年月、生年月日などが検索できます

Point1 “企業登録編” ーまずは企業を登録しようー

  • 企業の登録方法4つのやり方 企業を登録することで、最新の人事異動情報をメールで受け取る事ができるようになります。詳しい設定変更方法は
次のスライドをご覧ください
  • (1)登録できる企業一覧から STEP1 メニューの登録できる企業一覧をクリック STEP2 50音順、業種別、検索などで、気になる企業を探す STEP3 気になる企業の登録ボタンをクリックして登録完了
  • (2)検索から STEP1 登録したい企業名を入力して検索候補から選択 STEP2 気になる企業の登録ボタンをクリックして登録完了 個別人事異動情報などからも登録できます
  • (3)「トップページ(すべての企業)」から STEP1 トップページの表示切替で「すべての企業」を選択 STEP2 気になる企業の、登録ボタンをクリックして登録完了
  • (4)「企業・人物を登録・管理」から 氏名まで登録するならこのやり方で STEP1 メニューの「企業・人物を登録・管理」をクリック STEP2 登録したい企業名や氏名を入力 STEP3 「登録する」ボタンをクリックして登録完了

ページの先頭へ

Point2  “便利なアラート編” ー人事情報をアラートメールでお知らせー

  • アラートメールの設定変更方法 アラートメールで、登録した企業や人物の最新の異動情報をいち早く受け取ることができます。詳しい設定変更方法は
次のスライドをご覧ください
  • サービス開始時の設定 アラートメールは「新着があれば随時配信」「登録PCアドレスに送信」に設定されています。
  • アラートメールの設定変更方法1 個別の企業・人物だけを変更する場合
  • アラートメール設定変更~個別の企業・人物だけを変更する場合~ STEP1 企業・人物を登録・管理をクリック STEP2 登録した企業・人物一覧から変更する企業・人物の編集ボタンをクリック
  • STEP3 企業名などが入力された状態の
画面が表示されるので、時刻や送信先を変更 STEP4 「編集を保存する」をクリックして設定変更完了
  • アラートメールの設定変更方法2 登録しているすべての企業・人物を変更する場合
  • アラートメール設定変更~登録しているすべての企業・人物を変更する場合~ STEP1 企業・人物を登録管理をクリック STEP2 登録した企業・人物一覧から変更する企業・人物の編集ボタンをクリック
  • STEP3 企業名などが入力された状態の画面が表示されるので、時刻や送信先を変更 STEP4 アラートメール設定オプションのチェックボックスにチェックを入れる STEP5 「編集を保存する」をクリックして設定変更完了

ページの先頭へ

Point3  “プロフィール検索編” ー気になる人物のプロフィールを調べようー

  • 経歴データベース検索方法 2つのやり方 現職名や勤務先、社内外経歴、役員級では生年月日や学歴、入社年月などがわかります 詳しい設定変更方法は次のスライドをご覧ください
  • 経歴データベース検索方法① 氏名のみでも検索できます STEP1 企業名を入力して検索 STEP2 経歴タブをクリック STEP3 検索結果から人物を選択
  • 経歴データベース検索方法② 氏名のみでも検索できます STEP1 経歴検索(日経WHO‘SWHO)をクリック STEP2 企業名や氏名を入力して検索 STEP3 検索結果から人物を選択
  • 経歴データベース検索方法 経歴などの情報が表示されます

ページの先頭へ

 “人事ウオッチの特長編” ー役立つ機能をご紹介ー

  • 人事ウオッチ4つのメリット 詳しい設定変更方法は次のスライドをご覧ください
  • (1) 人事異動情報を、氏名・新職・旧職など見やすい表形式でお知らせします 表示形式を「すべての企業」に切り替えると、登録以外の企業を含む最新情報をすべてご覧になれます。
  • (2) 異動情報に加え、人事ニュースやおくやみもチェックできます。 (朝夕刊紙面・電子版に掲載された人事記事・おくやみ)
  • (3) アラートメールで、最新情報をいち早くお知らせします
  • (4) 経歴検索(日経WHO'SWHO)は経営者、役員、上級管理職の経歴を月50件まで閲覧できます(検索は無制限)

ページの先頭へ