見えてきた?

その裏には経済がある。昨日まで見過ごしていたものが一つにつながり、俯瞰して「見えてくる」ときがある。どんな身近な風景にも、その裏には経済がある。情報をつかもう。未来のチャンスを見つけよう。きっと、あなたの世界は変化する。

CM

「見えてきた?
フリマアプリ」篇
なぜ、中古品売買が増えているのか。
モノやサービスを融通しあう「シェアリングエコノミー」が広がりを見せています。フリマアプリで不用品をいつでも売れるようになったのも、そのひとつ。便利で革新的なサービスが人気を集め、新たなビジネスを立ち上げようという起業家も次々に登場しています。ただ中古品市場の広がりは新品市場の縮小とウラオモテ。経済全体への影響も、見えてきた?
「見えてきた?
人生100年」篇
なぜ、ゲーセンにシニアが集まるのか。
「人生100年時代」という言葉をよく耳にするようになりました。最近ではゲームセンターが高齢者のコミュニティーになったり、パートやアルバイトの年齢制限を引き上げたりと、シニアを取り巻く環境が変わってきました。私たちは人生の後半をどのように過ごすのか。シニアの力をどう活かすのか。新しい社会や経済の仕組みも、見えてきた?
「見えてきた?
警備ドローン」篇
なぜ、深夜のオフィスにドローンが飛ぶのか。
ドローンが働き方改革に効く?オスのハチの意味を持つ「ドローン」といえば、カメラ撮影のあり方を劇的に変え、モノの搬送もこなしていこうとしています。一方で、人材難に苦しむ警備や建設現場での活躍も始まっています。ドローンの目の裏にはAIによる識別で現場の状況を判断できる技術も。人の仕事に近いハチ達の働きが、オフィスでの仕事のあり方にも影響を及ぼしてきています。見えてきた?
「見えてきた?民泊」篇
なぜ、普通の民家に外国人旅行者が集まるのか。
訪日外国人数は過去最高ペースで伸びていて、今や年間3000万人規模に。彼らの宿泊先の受け皿として注目を集めているのが、一般の個人が自宅などでおもてなしする「民泊」です。これまで日本では一部を除くとグレーな民泊物件が少なくありませんでしたが、2018年6月に民泊新法が施行され正式に解禁されたところ。まだまだ課題もあるなかで民泊は根付くのか。見えてきた?

「見えてきた?
フリマアプリ」篇

「見えてきた?
人生100年」篇

「見えてきた?
警備ドローン」篇

「見えてきた?
民泊」篇

PICK UP

もっと見る

ご注意事項

日本経済新聞の宅配と電子版をセットでご希望の場合は必ず「日経Wプラン」をお選びください。「日経電子版」を申し込み、新聞も宅配購読されますと、電子版料金(月額4,200円)のほかに新聞購読料も別途発生します。

日本経済新聞(宅配)の購読料は、お客様のお住まいの地域により異なります(地域の確認はこちら)。ニュースを1日2回に分けてお届けする朝・夕刊セット版と、1日のニュースを朝刊のみでお届けする全日版に分かれており、購読料が異なります。朝・夕刊セット版地域にお住まいの方が全日版を購読したり、全日版地域にお住まいの方が、朝・夕刊セット版を購読することはできません。なお、一部地域では「日経Wプラン」のお取り扱いができない場合があります。その場合、お客様にメール等にてご連絡いたします。

電子版の購読申し込み(有料登録)にはクレジットカード情報の登録が必要です。

毎月1日午前0時から6時は、システムメンテナンスのため手続きができません。(日本時間)

電子版はお申し込み月無料